What’s new

Camerata de Lausanne 来日公演追記

ワーナー・クラシックスより来日記念CD2タイトル同時発売! 輸入盤では2013年にリリースされている2タイトルを国内盤としてリリースします。 ①モーツァルト: 協奏交響曲K.364&コンチェルトーネK.190 [録音]2012年4月12-15日 音楽ホール、ラ・ショー=ド=フォン、スイス WPCS-13373 ¥2,600(本体)+税②チャイコフスキー: 弦楽セレナード&フィレンツェの想い出 [録音]2012年5月9-12日 音楽ホール、ラ・ショー=ド=フォン、スイス WPCS-13374 ¥2,600(本体)+税 URLはこちらhttp://wmg.jp/cla/... read more

Camerata de Lausanne 来日公演7月11日

カメラータドローザンヌツアー最終日は東京、浜離宮朝日ホールで締めくくられます。この日のプログラムには他アーティストとのコラボレーションはあ りませんが、アンサンブルの魅力を十分に味わっていただけるような工夫がなされています。前日の名古屋公演ではピエール・アモイヤルと共にアンドレイ・バラノフがソリ ストを務めるバッハのドッペルコンチェルトですが、本公演では今日本の若手演奏家を代表し、幅広く活躍中の伊藤(尾池)亜美さんがソリストを務め ます。ショスタコーヴィチ八重奏の<スケルッツオ>でホールの緊張が高まった後は、チャイコフスキーの甘い小品の数々をメンバーとピエールアモイヤルが <ヴァイオリンブーケ>で皆さんにお届けします。休憩の後はアンサンブルの十八番でもある<フィレンツェの思い出>。シンフォニックオーケストラさながら の迫力と、鮮やかに彩る花火の様に、皆様の心に残るカメラータサウンドをお届けします。来日公演追記へ移動 Download PDF > 0711Hamarikyu 7/3(日)仙台:東京エレクトロンホール宮城 7/6(水)東京:サントリーホール <ガラ・コンサート> 7/7(木)東京:東京文化会館 小ホール 7/8(金)神奈川:藤沢市民会館 大ホール 7/10(日)愛知:宗次ホール 7/11(月)東京:浜離宮朝日ホール 問:コンサートイマジン03-3235-3777... read more

BIO

Pierre Amoyal is well known to music lovers. He has played with the greatest conductors and orchestras in the most prestigious concert halls of the world. This virtuoso is also the lucky owner of the one of the most beautiful violins ever made : the famous “Kochanski,” a Stradivarius that was stolen from him in 1987, and which was miraculously recovered four years later by the Italian “Carabinieri”.

CONCERTIST

Upcoming concerts information

TEACHER

Pierre Amoyal is a passionate teacher. He was appointed a professor at the National Conservatory in Paris at a very young age and tought at the Lausanne Conservatory (Haute Ecole de Musique). He is the artistic director of the Lausanne Summer Music Academy, devoted exclusively to the violin/piano repertoire …

MEDIA

Discover photographs, discography and books of Pierre Amoyal

logo

13 + 9 =

Print Friendly