場所は関西に移り、カメラータドローザンヌは名古屋の宗次ホールにやってきます。今回の来日ツアーの大きな見どころの一つは、国際コンクールとしても名高いエリザベート王妃国際コンクールに3年前、見事一位に輝いたアンドレイ・バラノフとピエール・アモイヤルの共演です。アンドレイが若い演奏家の登竜門ともいうべきコンクールでの成功に至るまでの7年間、二人三脚で歩んだ師弟の長い道のりがあり、今更に強い絆で結ばれた2人の音色は聞く者の心を強く揺さぶることでしょう。カメラータドローザンヌのアンサンブルの特徴は、アモイヤルの恩師であるハイフェッツからアモイヤルへ、アモイヤルから弟子であるメンバー達へと伝統の音色を受け継いでいる所にあります。師弟共演のバッハのドッペルコンチェルトから華麗な弦楽セレナーデまでその魅力を十分にお届けします。  次公演のページへ移動

0710Munetsugu R0710Munetsugu V

Télécharger PDF > 0710Munetsugu

7/3(日)仙台:東京エレクトロンホール宮城
7/6(水)東京:サントリーホール <ガラ・コンサート>
7/7(木)東京:東京文化会館 小ホール
7/8(金)神奈川:藤沢市民会館 大ホール
7/10(日)愛知:宗次ホール
7/11(月)東京:浜離宮朝日ホール
問:コンサートイマジン03-3235-3777

Print Friendly