カメラータドローザンヌツアー最終日は東京、浜離宮朝日ホールで締めくくられます。この日のプログラムには他アーティストとのコラボレーションはあ りませんが、アンサンブルの魅力を十分に味わっていただけるような工夫がなされています。前日の名古屋公演ではピエール・アモイヤルと共にアンドレイ・バラノフがソリ ストを務めるバッハのドッペルコンチェルトですが、本公演では今日本の若手演奏家を代表し、幅広く活躍中の伊藤(尾池)亜美さんがソリストを務め ます。ショスタコーヴィチ八重奏の<スケルッツオ>でホールの緊張が高まった後は、チャイコフスキーの甘い小品の数々をメンバーとピエールアモイヤルが <ヴァイオリンブーケ>で皆さんにお届けします。休憩の後はアンサンブルの十八番でもある<フィレンツェの思い出>。シンフォニックオーケストラさながら の迫力と、鮮やかに彩る花火の様に、皆様の心に残るカメラータサウンドをお届けします。来日公演追記へ移動

0711Hamarikyu R0711Hamarikyu V

Download PDF > 0711Hamarikyu

7/3(日)仙台:東京エレクトロンホール宮城
7/6(水)東京:サントリーホール <ガラ・コンサート>
7/7(木)東京:東京文化会館 小ホール
7/8(金)神奈川:藤沢市民会館 大ホール
7/10(日)愛知:宗次ホール
7/11(月)東京:浜離宮朝日ホール
問:コンサートイマジン03-3235-3777

 

Print Friendly